« 2013年6月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年8月

アレビアチン(フェニトイン)2

昨日からアレビアチンが減っています。

カプセルは、問題なく飲めました。

アレビアチン(フェニトイン)

以前から希望していたアレビアチンを減らす処方に

取り組む事になりました。
前回は重積を起こし、断念しました。
あの時はトピナがまだ出ていなかった。
今度は、もし状態が良くなくなっても、
トピナを増やすという方向で行く方針です。
ドラヴェ症候群の若い人達がアレビアチンを使っていないし
ドラヴェ症候群のサイトでもそれを奨めているからです。
肝機能に影響しているアレビアチンを抜こう。
静岡東病院での村中先生や、
主治医だった故有泉先生と約束したように
アレビアチンを使わない処方にしよう。
微量な調整なので、最初は錠剤のアレビアチンが粉剤になります。
粉は飲めないから、正確さも考えてカプセルに入れてもらいます。
沼袋の済起堂薬局さんが応援してくれます。
お世話になります。


トピナ

トピナを増やしました。

発作の間隔があいています。
アレビアチンを減らす計画の第一歩です。

« 2013年6月 | トップページ | 2013年10月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ