« 重度訪問介護の意味3 | トップページ | エイヤッの会 »

ケースワーカーさんと話しました

今日、中野区役所に親として出向いて

担当ケースワーカーさん、課長さんと
2時間話をして来ました。
来週の判定会で審査会に再度出すかどうかが決まります。
その結果を待っています。

ALSの方には出しているという介護給付時間数ですが、
「ALSの方には出しますが、ALSではない方にはだしていない」
と、いつも言われます。
ALSの方、そのご家族もこういうようにALSが
使われる事は望んでいないはずです。

「奨さんだけが好きな生活をする」という事も言われます。
では、ほかの方達は好きな生活ではないのか。
それなら、なぜ、すむちの様に、はっきり希望を出さないのか。
こんなにはっきり希望を出している人と
希望を出さない人とが同じで良いのか。

親が若く見えると言われました。
これが納得いくよう決まらない限り
親は年を取れません。




« 重度訪問介護の意味3 | トップページ | エイヤッの会 »

自立」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132609/60538472

この記事へのトラックバック一覧です: ケースワーカーさんと話しました:

« 重度訪問介護の意味3 | トップページ | エイヤッの会 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ