« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

母の退院

大阪から31日に帰宅して

6月1日に母が退院予定です。
10時に病院で退院のカンファレンスをお願いし
13時に3モーターの介護ベッドと褥瘡防止のエアマット
ベッドテーブルが家に入ります。

ただ、大阪に行っている間に急変も考えられます。
無事に退院できると良いと思います。

その後は全く分かりません。
母の生命力に任せるだけですが
1日おきに透析に行くのが大変であれば
また病院に戻ることもあるでしょうか?

でも、入院してしっかり褥瘡ができてしまった事、
入れ歯が入れられなくなってしまった事を考えると、
戻って楽になるとは思えません。


大阪に行きます

きよくん基金の授与式の山川先生のお話を聞きに

大阪に行って来ます。
すむちは半年ぶりの新幹線。
水曜日に大きい発作をしているので、
ひとまず安心で出発します。
介護員は遠田さん梶原さんです。


5月10日

うっかりしていたら、LLCてくてくが10年目に入っていた。

中野区の滞在型ホームヘルプサービスの
委託事業者になったのが2000年、
合同会社になったのが2006年。
すむちがいたからやって来たよね。

福祉・介護職員処遇改善加算届けの結果

福祉・介護職員処遇改善加算の新設加算Ⅰの届けを出して

結果が来ないので、どうなったかと思い、
東京都に電話で問い合わせしました。
審査に通って加算1になっています、との返答。
アトリエすむちは新設加算Ⅰの事業所になりました。

でもこの事業所の収入増額はそのまま利用者の
1割負担にも反映します。
処遇改善加算Ⅰの事業所に介護を頼むと
利用者負担がある人は自己負担金額が高いという事です。


ささき

おばあちゃん入院

幸子さんは4月29日の透析の後から入院中。

熱が出たとの事。
たまたま連休と重なった為、病院が動かず、検査等ができず
なんとなくだらだら入院してしまった。

熱の理由もよく分からず、
いつ退院してくるかもわからず、
拍子抜けしたゴールデンウィークだった。

歯の根が炎症を起こしていたらしい。
透析のシャントの具合も良くないようで
15日に改造をする。
明日、承諾書にサインをしに病院に行く。
これが済むと退院か?

ささき


 

アレビアチン4

発作が多いけれど

北住先生もアレビアチンを減らす事に
前向きになってきてくれた
ドラベ症候群では使わない事も分かってくれた。

イーケプラの話も出た。
17年も呑むことになってしまったアレビアチンだから
ゆっくり抜くのも仕方ない。

静岡東病院で村中先生と
アレビアチンは使わないと約束したのにね。
N大病院で、使わないで欲しいと頼んだよね。

過ぎた事は置いといて、
すむちは前進あるのみ!

ささき


« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ