« 2015年9月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

電力自由化

さっぱりわからない電力自由化だけれど
電気を買う事が生きる姿勢や、意思の表明になる。
選挙より直接的なかんじがする。
パワーシフトのサイトに行くと
自然エネルギーの会社や仕組みが分かる。
パワーシフトの吉田さんの動画での説明もある。
これは結構理解の助けになった。
私もパワーシフト宣言をしました。

明日は帰ってくるかなあ

明日は金曜日。

家族泊の3日間が始まる。
帰ってくるのかなあ。
じゃじゃまる、ぴっころ、ぽろり のパズルが気に入っていたけれど。
やっぱり、疲れるかなあ?
人がいれば、自費でお願いすれば良いのだけれど
泊を頼むか、泊を介護員さんがやって
昼間の自費のサポートを頼むかできるけれど、
人がいない。

しゃぼん玉の会

しゃぼん玉の会の会報の原稿を書くのに、
処方箋を見せてもらいにお部屋に行きます。
お家にいると1時頃迄には寝られるのに、
お部屋に戻ると午前3時、4時になってしまうのは
なぜだろう?

6泊していきました

先週の月曜の生活会議で、

「介護員さんのいない日はお家に戻るのも有りだよね。
最初はそれで始めたからね。」
と話した。
そうしたら、火曜日の夜の家に来た。
で、6泊して月曜の朝に出発、お部屋に戻った。
スカイプを使って生活会議をする為だろう。
これで、
「介護員さんのいる間、月、火、水、木とお部屋にいて
金曜日にはおうちに行ってはどう?」
私がすむちの所に泊まりに行くと疲れるように
すむちは家に泊まりに来ると疲れるのじゃないか?
入浴は難しいし、トイレはポータブルだから。

集団生活では1対1のケアはできないから
毎日の発作には対応できない

どういう生活が良いのだろう。


正社員 重度訪問介護員募集

てくてくに勤務する正社員の重度訪問介護の介護員さんを募集しています。自薦、他薦、宜しくお願いします。


障害者差別解消法

「障害(があると社会的に言われている)当事者は

その人をよくわかっている親などより長く生きて

兄弟姉妹に負担をかけるよりも

その人をよくわかっている親などより

長く生きない方が幸せだろう。」 という意見を聞いた。

一瞬、何時代にいるのか? と混乱した。

話した方は、

本当に真剣に親切に当事者や親や兄弟姉妹のことを思って話をしているのだ。

社会的にも地位があり、ゴルフによく行く人たちこそ、

ハンディをつけて上手な人も下手な人も一緒にプレーする

ゴルフというスポーツの特殊性を理解しなければいけない。

怒り、失望、憐れみ、悲しさで頭が真っ白になった。

でも、冷静になって考えた時、

こういった話は昔も今も良くあるのではないか。

この根っこが解消されない限り、差別解消法は絵に描いた餅のようだ。

どんな生でも、その命の平等と尊さがわからない限り、差別は続く。

それでも共に生きている人たちがいる限り、

希望を持ってやっていきます。

くじけないで。


もう家に来た

16日の外来の後、22時30分頃すむちは家に来た。

どうぞと言ったら入ってくれた。
「下」でいいよ。と言ったら。おばあちゃんの部屋に入った。
布団を用意したり、動きやすいようにつかまれる所に椅子を動かしたり、
空の冷蔵庫に食品を運んだり、すむちは行動が早い。
トイレ迄は歩けなかったので、上からポータブルを下ろした。
泊まった明け方大きい発作をしたので、
2泊してまだ下の部屋にいる。
私も上にいてどうしたものかと手をこまねいているのに
家にいなかった歳月を感じる。
昨日、お部屋に行って残っている洗濯をかけた。
やっぱりお部屋は暮らしやすい。

一人暮らしのスタートに戻って

「介護員さんがいない日は家に帰ればいい」

軽く考えて始めよう、とスタートしたところ
すむちは行ったきり帰って来なくなってしった。
階段を降りてトイレに行けなくなって、ポータブルトイレを使っていた。
お風呂にも段があり入らなかった。
敷き布団を敷いて畳の部屋に寝ていたのだから、
フラットな床にベッドでの生活は良かったに違いない。
帰って来ないから、
介護員さんがいない夜は家族が泊まりに行く事になった。
でも、限界もある。
すむちにも協力してもらって、撤退もありにしよう。
フレキシブルに対応しよう。
介護員さんがいない日は、お家に帰ろう。
介護員さんが見つかれば、また始めればいいよ。
お部屋はまだ借り続けて、
お風呂はお部屋に行った時に入ればいいよ。
帰って来たら「うえ」じゃあなくて「した」でいいよ。
もう、おばあちゃんがいないから、
「した」のおばあちゃんのお部屋を使えばいいさ。
大丈夫、介護員さんの応募があって
新しい介護員さんと出会えて、また一人暮らしできる日も来るさ。
まだ32歳だから。
家族が関われなくなっても
すむちの暮らしは守られるようにしようね。
この経験を、良いチャンスにしようね。

介護員さんが足りません

2014年の夏に介護員さんが一人突然辞める事になりました。

そのまま、なんとかやって来ましたが、
この人数ではそろそろ限界です。
初心に戻って出直す事を考えています。

今日は通院

臭化カリウムの眠気にも少し慣れて来たようです。

先週は大きい発作が軽めだったと思ったら
数日の間隔でまた大きめの発作がありました。
セニランの使い方がうまく行かず
左手のピクピクがまだ時々あります。
これが臭化カリウムの増量とトピナの減量とに
どう関わっているのかが分からないので
もう一ヶ月このままの薬でいくと主治医に話そうと思っています。

« 2015年9月 | トップページ | 2016年3月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ